地球の環境保全を考慮した発電方法~バイオガス発電とは?~

地球の環境保全を考慮した発電方法~バイオガス発電とは?~

ガソリンスタンド

バイオガス発電が注目されている理由

電力自由化などにより再生クリーンエネルギーが注目されていますが、バイオガス発電もその一つです。バイオガス発電は食品廃棄物、家畜の糞尿などといったいわゆる「有機ごみ」からバイオガスを生成し、そのガスから発電のエネルギーを得ている発電方法です。有機ごみが発電エネルギーになるという点から、注目されているクリーンエネルギーの一つなのです。

バイオガス

バイオガス発電の仕組み

バイオガス発電の仕組みはまず有機ごみなどの個体を粉砕し、発酵槽にいれて発酵させ、出てきたバイオガスを利用して発電します。その電機を販売したり、発電エネルギーを利用して温泉施設にも活用できます。発酵槽では常に攪拌が行われ、微生物の活性を促しています。

バイオガス

バイオガス発電の魅力とは?

バイオガス発電の魅力は、普段家庭から出るゴミでも発電材料として活用できるという点です。廃棄物を処理するついでに電気を作る事ができれば一石二鳥。環境にも良く、ゴミ問題へもいい影響が出ると考えられています。さらに純国産の材料で電気が作れるというのも魅力の一つです。

地球

コストを抑えることは可能?

バイオガス発電を利用して電気を作るには設備が必要です。開発当初はその低コスト化に試行錯誤していましたが、現在では技術が確立され、低コストでバイオガス発電が可能となっています。また有機ゴミの収集や管理に費用がかかることもありまだまだ課題は残ります。

バイオガスとメタンガスの違い

メタンガスとは

「メタン」とは単独の物質の名前を指しており、その気体を「メタンガス」と言います。メタンガスそのものは昔から存在しており、天然ガスの中にもメタンガスが含まれています。一般にメタンガスは有機物が発酵しすると「メタン」の多いガスが発生するため「メタンガス」と言われています。バイオガス発電はそのメタンが重要なカギなのです。

メタンガスとバイオガスとの違いとは

メタンガスは有機物が発酵して出るガスですが、バイオガスはメタンを有効活用してバイオガス化し、それをバイオガス発電に活用しています。なるべく高いメタンを発酵させることによりバイオガス発電が効率よく実施されるといわれています。